ワークショップ:オリジナルマグカップ作りの風景

本日のワークショップは、4歳の女の子とお母様、4歳の女の子と3歳の男の子のお母様が親子でご参加くださいました。

テーブルの上にある色とりどりの紙を見て、目をキラキラ輝かせる子どもたち。ピンク色は女の子に大人気。3歳の男の子のお子さんは黒色に夢中。クレヨン4本を手に握り、黒い紙の上をぐるぐる。ご満悦な様子で、闇と光のアートが完成しました☆。

シール、テープ、フェルト、毛糸、スパンコール、機関車の切り紙を貼りやモール、色やテープを重ねたり、ギザギザハサミでワニを作ったり、ナミナミはさみで紙を切ったりと、子どもたちに負けないぐらいお母様方も創作に夢中。

1時間があっという間のワークショップでした。

ボンドが乾ききれず、アトリエで完成することが出来なかった作品が見れなかったことが残念ですが、素敵なオリジナルマグカップがお家で完成していることと思います。

次から次へと手を動かす子どもたちの様子を見て、「あーしたい!こーしたい!これがやってみたい!あれも面白そう!」という積極性と競争心、自主性と想像力、そして目先や結果(完成や出来上がり)にとらわれない自由な発想は素晴らしいと思ったと同時に、羨ましくも感じたワークショップでした。

出来上がりがどうなるかより、作る過程を思う存分体感している様子でした。

その体感からたくさんの発見を得られていることと思います。 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

写真もアップしてますので、是非ご覧ください。

体調不良によりご参加いただけなかった皆様、予約が取れなかった皆様、 3月もワークショップを開催しますので、お待ちしております。

 

 

 

アトリエは

 

移転しました

 

詳細はこちらをご覧ください

👇