梅雨は親子でアートを楽しむのにベストシーズン

今年は梅雨入りしても、恵みの雨は

なかなか降らず、水不足が懸念

されていますが、ようやく最近になって

梅雨らしい空が戻ってきました。

 

雨が続くこの季節、子どもたちは

家で過ごすことが多くなり、

長雨が続くと退屈して

ストレスがたまりやすくなる時期。

大人も同様、気分が晴れなかったり、

季節の変わり目で疲れがでるなど、

心身ともに調子が崩れやすくなります。

 

 

そこで、この季節だからこそ、親子でゆっくり楽しめるのがアート。

ストレス発散に効果的でおススメなのは、紙粘土やふわふわ粘土といったやわらかい素材の画材や、水で落とせる水彩クレヨン。雨で汚れてしまう窓ガラスに、水彩クレヨンで思う存分落書きをした後、ぬれたぞうきんで拭くと、窓ガラスがピカピカになって不思議と気分もすっきり。

段ボールも有効的で、秘密基地を作ったり、乗りものにみたてて中に入って遊んだりと体と創造力を働かせて遊べます。

折り紙やぬり絵など、子どもが興味あるものを一緒にやることで、普段と違うコミュニケーションがとれる良い機会になるかもしれません。
来月の七夕にむけて、短冊や七夕飾りといった季節ならではの創作や、夏休みの宿題に「工作」がある学校に通っているお子様なら、この時期に取りくみ始めるのも良いでしょう。

 

最近では、画材ショップ、百貨店、地域の公民館、カルチャーセンターや美術館などで、子ども向け、親子向けのワークショップを開催されているところが増えています。大勢で参加するイベントも違った楽しさが見つけられるかもしれません。

 

アートを生活にとり入れて親子共々、雨の季節を笑顔で元気に過ごしていきたいものですね。

 

 

アトリエは

 

移転しました

 

詳細はこちらをご覧ください

👇

 

~夏季休業のお知らせ~

 

2019年8月8日(木)~

2019年8月16日(金)まで

休業とさせていただきます

 

休業期間中のお問合せは

受付けておりますが

回答につきましては

8月17日(土)より

順次対応いたします

ご不便をおかけしますが

どうぞよろしく

お願いいたします