チャイルドアートカウンセラーになったきっかけ ④

梅雨空が戻ってきましたね。

 

湿気が気になるこの時期は、

 

アロマを活用して気分アップする

 

工夫をしています。美術館巡り、

 

映画鑑賞にも良い時期ですね。

 

さて、前回の続きから綴っていきま

 

す。

 

 

カラーヒストリーを通して得た気づき。

 

それらは、幼少期から成人するまでに蓄積された心の傷と向きあったことで得た貴

 

重な気づきでした。

 

 

日本人の父とコロンビア人の母のあいだに生まれたわたしは、コロンビアが生まれ

 

故郷。 子どもの教育と将来を考えて父が帰国を決めたのは、私が8歳のときでし

 

た。コロンビアに住んでいたあいだは日本語に触れることがほとんどなかったので、

 

来日したときの日本語力はゼロでした。

 

異国の文化、習慣、学校生活、食事…、何もかも新しい世界で興味深かったけど、

 

なかなか馴染めずカルチャーショックが大きかったのを覚えています。

 

いちばん苦労したのは日本語を覚えること。来日当初は意志疎通ができず、歯がゆ

 

い思いをしました。外見は日本人なのに、日本語が話せない、書けない変わった帰

 

国子女として当時では珍しい存在だったようです。正確には、外国人子女でした

 

けど…。

 

運よく受け入れてくれる学校がみつかり入学しましたが、特別扱いをせざるえない

 

学校の対応や、目立つ存在の私を快く思わない生徒からいじめられるようになり、

 

生きた心地がしなかったのが小学校時代。 

 

厳格で絶対的存在の父は、病気以外で学校を欠席することを許さなかったし、母は

 

私の負けず嫌いな性格をよくわかっていて「いじめられて学校に行かなかったら負け

 

を認めるようなもの!」と言って、私が少しでも気持ちを奮いたたせて学校に行くよう

 

試行錯誤していました。それでも、辛そうなときは父に内緒で学校を休ませてくれる

 

など逃げ場も作ってくれて、良き理解者となってサポートしてくれたお陰で何とか卒

 

業。 

 

日本語は徐々に習得していきましたが、必死に取り組んでも同級生のように授業に

 

ついていけず、学校生活もなかなか馴染めず、父にはよく怒られ、ダメだしされ、否

 

定され悔しい思いをしました。 父も焦りと不安を抱えての言動だったのでしょう。 

 

置かれていた状況を冷静に考えれば同級生に追いつけなくて当然なのですが、子

 

どもは客観的に物事を見ることができません。 とにかく父に褒められたい、認めて

 

もらいたい一心で頑張っていました。その反面、心の中では「日本に来なければこ

 

んな思いをしなかったのに…」と呟いていた自分もいて…。 でも、その気持ちを言

 

葉にするのは恐れ多く、抑圧された気持ちはいつしか恨みとなって長いあいだ父へ

 

向けられました。 いまは和解してもう恨んでませんけど…(笑)

 

 

いじめで経験した疎外感と孤独感、日本語で上手くコミュニケーションがとれないも

 

どかしさ、授業についていけない劣等感、父に認めてもらえなかった悔しさとさみし

 

さ、助けが必要だったとき、仕事が忙しいことを理由に守ってくれなかった父に対す

 

る怒り、成長とともに日本人でもないコロンビア人でもない、どっちにも属さない居場

 

所のない感覚…。 これらの経験は精神的には鍛えてくれたけど、同時に自分らし

 

さと自己肯定感を失わせ、人への不信感を植えつけ、その後の生き方に少なからず

 

マイナスに働いたように思います。

 

 

人は弱いところ、恐れ、触れられたくない痛手に蓋をしがちで、辛い感情がともなっ

 

ていると尚のこと心の奥深くにしまいこむものです。 臭いものに蓋をしたくなるの

 

は、人間の自然な防衛本能。でも、傷から目をそらして生きていると、ことあるご

 

とに何かのきっかけで傷が痛みだし、その痛みと向き合うよう仕向けられるようで

 

す。 私の場合、母となって子育てを始めたとき、子ども時代に負った痛手が育児に

 

対する不安、恐れとなってあらわれ、子育てを辛くしていたのです。

 

 

カラーヒストリーをまとめるプロセスは、ときには楽しく、ときにはしんどいこともあり

 

ました。 でも、たくさんの気づき、学び、発見を得ることができたと同時に、過去の

 

痛手から解放され一歩成長させてくれた。 色彩心理に出会えて本当に良かった

 

なあと思います。 

 

 

次回は、色彩心理を通して学んだことについて綴っていきます。 続く…

 

 

 

アトリエは

 

移転しました

 

詳細はこちらをご覧ください

👇

 

~夏季休業のお知らせ~

 

2019年8月8日(木)~

2019年8月16日(金)まで

休業とさせていただきます

 

休業期間中のお問合せは

受付けておりますが

回答につきましては

8月17日(土)より

順次対応いたします

ご不便をおかけしますが

どうぞよろしく

お願いいたします