今月の作品☆

今月の創作画材は4色の土ねんど。

土の種類によって触感の違いが楽しめる ねんどで、乾燥するとても固くなる材質のもの。

子どもたちはさまざまな物をイメージしなが創作していました。

 

画像の作品は、小学校5年生の男の子の作品。アトリエに到着するなり「今日は武器」を作ると言い、土ねんどを使って手榴弾や爆弾作り、棒作りにとりかかりました。

画像だとわかりにくいですが、中心にある黒い作品「手榴弾」を近くで見ると、取っ手、ピン、模様が実物の特徴を捉えています。図鑑や画像を見ないでイメージだけで作った作品。

 

個人差はありますが、男の子は武器や剣に興味をもつ傾向があります。

強いものへの憧れ、男性に備わった生まれつきの本能なのでしょう。

弓矢、パチンコ、割りばし鉄砲、銃、爆弾、戦車などの作品をよく作りますが、親御さんから「そんなものを作って、うちの子は大丈夫なのでしょうか?」と心配する声を聞くことがあります。 このような作品を頻繁に作る時期は、強くなりたい、負けたくない気持ちが高いときかもしれません。

子どもたちは日々の生活で大人が想像する以上に、学業や人間関係で悔しい思い、理不尽な思いや我慢を強いられる環境にいて、そのなかで子どもなりに一生懸命に戦っています。いろいろな経験を通してもまれて成長していくのですが、創作で武器を作るのは、武器を作ることで強い自分になれる気持ちになるからかもしれません。

強くなりたい、負けたくない気持ちは前向きなエネルギーなので、このような作品を作るときは前向きな成長と捉えられます。

 

今回の土ねんどは大人気で、素晴らしい作品がたくさん完成しました☆ 

 

アトリエは

 

移転しました

 

詳細はこちらをご覧ください

👇