12月の作品館

28日が今年の最終日でした。

 

今月はクリスマス月もあって、クリスマスにちなんだ作品や季節感が感じられるダイナミックな創作を楽しむなど、子どもたちの冬休みへの待ち遠しさと期待感が伝わってきました。

 

画像の作品は、クリスマスを楽しみにしていた小学2年生の女の子の作品「クリスマスツリー」。 

 

 

 

子どもたちは、今年もたくさん素晴らしい作品を生みだしました。

完成した作品や創作は、全て子どもたちが自主的に創作したもの。

必要なときに私がサポートすることはありましたが、

どの作品も子ども自身の力で完成させました。

 

アトリエを開設してから5年のあいだ、

子どもたちが自由な場所と時間のなかで、

アートを通して色々な欲求を満たし、

失敗を繰り返して葛藤を味わい、

成功と達成感を得て成長していく姿を見てきました。

 

アトリエで育んできた自主性、

自分の手でもの生み出す力、

自由のなかで自ら選択して責任を持つ意識、

自分と他者を尊重し大切にする心が、

これから成長する過程において大きな力になると信じています。

 

来年はどんな作品が生まれるのかな?

子どもたちはどのように成長していくのかな?と楽しみです♪