子どもたちの作品館(4月)

子どもたちの作品のご紹介です。

先月の創作画材は、「びーずる」というビーズ粘土を使いました。

この画材はとにかく優れ物で、子どもたちには大人気ですが、

大人も夢中になります!

画材の良さは色が豊富なだけでなく、触感が良い、色々な画材と組み合わせられる、手にくっつかないので扱いやすい、色を混ぜて好きな色が作れる、そして汚れずに創作ができるのが特徴。

 

びーずる粘土を使った作品をスライドショーのはじめに紹介しています。ぜひ他の力作と一緒にご覧くださいね!

 

 

子どもたちの力作の数々、いかがでしたでしょうか?

どの作品も、その子の世界が表現されていると思いませんか?

 

養育者とのお話のなかで、「家ではなかなか集中している姿は見ないのですが、どうしてアトリエでここまで集中できるんですか!?」と、聞かれることがあります。

子どもたちの創作の様子を見ていますと、どのお子さんも、「自分の世界」に没頭することで、無意識に集中力を育てているように思います。

安心安全な自由な場で、好きなことに熱中できる環境がポイントなのでしょう。

では、安心安全な自由な場とは、どんな場所だと思いますか?

過干渉されず、点数で評価されず、必要なときにサポートが受けられて、どのお子さんも、どの作品も、尊重される環境なのだと思います。

この環境で子どたちは、自らの力で個性と能力を開花して成長するのだと実感しています。

 

さて、GWは楽しく過ごせましたでしょうか?

私の場合は、長いようで短かったGW。あっという間に過ぎてしまいました。

水遊びがしたくなるぐらい暑かったり、急に涼しかったり、朝晩と日中の寒暖差、気温の変化が激しい時期で、体調を崩しやすく休み疲れが出やすいので、皆さま体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

 

アトリエは

 

移転しました

 

詳細はこちらをご覧ください

👇