11月・12月の作品館

 

アトリエCorazonのブログに

お立ち寄りいただきありがとうございます。

今年も残りわずかとなりました。

この時期は一年を振り返らせてくれる

良い機会ですね!

 

さて、今回は11月と12月の

アトリエの様子と

子どもたちの作品を一挙にご紹介させて

いただきます。

 

画像の作品は樹脂粘土を使って制作した

「おばけのランプ」。

作品の下の部分に7色に変化する

LEDライトを装着しているので、

電気を消して点灯すると

可愛いお化けが7色に変化していきます♬

小学1年生の女の子が制作しました。

スライドショーでも子どもたちのすてきな作品とアトリエでの様子をご覧いただけます★

私にとって今年を三文字で表すと

「変」「離」「縁」でしょうか。

今年の春から中学校に進級した息子の新たな生活は

親子共々大きな変化でした。

早起きが苦手な私にとって

早朝からのお弁当作りは大きな変化でした…(笑)

言い換えると素直に大変です…(笑)

思春期を迎えて少年から青年へと成長しつつ息子は、

自立に向かって親離れがスタートし反抗期真っ只中!

反抗期といってもまだまだ可愛い反抗期なので

今後のさらなる親離れを

嬉しい気持ちと寂しい気持ちを葛藤させながら

寄り添い見守っていく他ないことをさらに実感させられた年でした。

アトリエではお子さんから大人の方まで、今年もたくさんのご縁をいただきました。

心から感謝申し上げます。

アトリエに通ってくださっているお子さんと親御さんと接していて強く感じるのは、

親御さんは子どもの成長のためにたくさんの愛情を注いで親業に向き合っているということ。

子どもたちは純粋に自分らしく成長したい気持ちを、

無意識に創作や作品に表しているということです。

親御さんも子どもたちも本当に一生懸命です。

一生懸命だからこそ、ときには葛藤や迷い、すれ違いや落胆を味わうこともあります。

そんなとき、アトリエで心のうちを共有してくださるうちに気持ちの整理がついたときや、

言葉にしなくても絵具や画材を使って心のうちを表現して、

笑顔でアトリエを後にしていく姿を目にするたびに、

自己表現の治療力を感じずにはいられません。

 

安心して楽しく自己表現できるアトリエとして、お役に立てれるよう来年も精進して参りますので、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

画像のしめ縄は、今年子どもたちからプレゼントされた作品を飾りにしました。

今年も子どもたちと親御さんからたくさんのギフトをいただきました。

心から感謝の気持ちでいっぱいです♥

 

皆様にとって来年が輝かしい幸運に満ちた年となるよう

心からお祈り申し上げます★